【90点以上連発!】数学が苦手な中学生・高校生のための勉強法を現役塾講師が徹底解説!

【90点以上連発!】数学が苦手な中学生・高校生のための勉強法を現役塾講師が徹底解説!
・中学生・高校生の子供の数学の成績が悪い
・子供が数学を苦手としているけど、勉強してくれない
・数学のどこで躓いたのか分からない

この記事を開いてくれた皆さんは、このような悩みを抱えていると思います。

子どもが、学校でまじめに授業を受けていれば、いつか数学ができるようになると考えているかもしれません。

残念ながら、数学の苦手を放置しておいて、子供がやる気を出して数学の勉強に取り組んでくれることを待っていては、ますます分からない部分が増えていき、受験の際に取り返しのつかない状況になってしまいます

私自身も、中学生に入ってからというもの、数学が大の苦手でした。小学生の時の算数は周りに比べて得意というわけではありませんが、それでもテストで周りの友達と同じくらいか、少し上回るくらいの得点を取ることができていたんですよね。

しかし中学校に入ってからの私は、何度か定期テストを繰り返していくうちに、どんどん数学の点数が悪くなっていき、平均点を大きく下回るまでになっていました。その時には気持ち的にも数学が嫌いで、苦手意識が強くなっていましたね

特につらかったのが、数学は積み重ねの教科なのでどこで躓いたのかを把握することが必須なのですが、当時はどこが私の苦手な部分なのか分からず対策することもできずに、どんどん分からない単元が増えっていったことでした。

しかし、塾の先生から教えられたある方法を実行したら、当時中学生の私が数学の苦手を克服し、定期テストで継続的に90点付近を取り続けることができました

本記事ではその方法について説明します

お好きなところからお読みください。
結論から読みたい人は、目次から結論に飛んでくださいね

数学が苦手な中学生の特徴

暗算による小さな計算ミスが多い

さすがに1ケタ+1ケタ、1ケタ×1ケタの計算は暗算でいいですが、少しでも不安を感じる計算問題は筆算を使ったほうがいいです

筆算を使えば正しく答えられたのに、暗算をしたから間違えてしまうのは余計な失点なので、テストなどではやっていけないミスです。

私は77+43や56×9のような暗算でもできなくはないレベルでもテストでは筆算を使っていました。

大事なのは、正解できる問題で点を落とさないことです

分からない問題にたいしてずっと悩み続ける

分からない問題をずっと悩み続けてしまうというのは、テスト中でも勉強中でもダメなことです

テスト中であれば、第5問目が分からなくても第6問目は解けるかもしれません。しかし、第5問目でずっと悩んでしまっては時間切れになってしまい、解けるはずの第6問目に手を出せないかもしれません。

非常にもったいないので、数学のテストが始まったらまず初めに、すべての問題を見てみることをオススメします。その時に自分が解けそうな問題と、解けなさそうな問題を簡単にでいいですが分けておくことが重要です。

そして、テスト中は解けそうな問題から解いていくことで大切です

数学の勉強中のついては、大前提としてすべての問題を一発で解ける必要はないですよね。特に点数を付けられるわけではないので、間違えてもいいんです。

(むしろ、課題提出の時に全て〇がついているテキストよりも、間違えた部分もあって、そこをしっかり赤ペンで直してあるテキストのほうが評価される可能性は高いでしょう。)

1問に悩む時間は最高でも10分程度にしておいて、答えを見て理解するほうが効率がいい勉強ができます。できなかった問題はテストまでにできるようにしておけばいいです。

自分が理解できていない部分が分からない

どこの単元、どのような問題を理解できていないのかピンポイントで言うことができますか?

数学が苦手な人で、具体的にどこが苦手なのか言えない人が多いです

苦手な部分が分からない場合は、大変ですが全ての単元をやり直してみるか、模試などを受けてどこが得点できていないのかのデータを得るしかないです。

数学には「ひらめき力が」必要だと思っている

断言しますが、中学数学は「ひらめき力」がなくてもできるようになります

みなさんの周りにいる数学が得意な友達は「ひらめき力」が優れているんではないです。いろいろなパターンの問題の解き方を覚えていて、出題された問題に対して、自分の知っている解き方を使っているだけです

つまり、数学が得意な友達との差は数学における「経験値」です。
この後にも解説しますが、経験値については問題を解く演習量がものを言います

中学生が苦手としやすい単元(学年別)

中学1年生

中学1年生でつまづきやすい単元は「文字式と方程式」です。

簡単な問題の例を出します

具体例
文字式:3a×4b=? 答え 12ab
方程式:3x+6=9     答え x=1

文字式や方程式の計算が全くできないというよりも、小学校までは出てこなかったa,b,x,yなどの文字が式のなかに入っていることに違和感を感じてしまい理解できないという子が多い印象です。

中学2年生

中学2年生でつまづきやすい単元は「三角形の合同」もっと言えば、「合同の証明問題」です。

中学2年生の三角形の合同を証明する問題に出会うまでは、テストや学校のワークの回答スペースに、日本語の記述を書くということは中々ありません。

いきなり「日本語と数式を両方使って分かりやすい記述をしろ」ということを要求されるので、苦手意識を持ちやすいといえます。

証明問題は、中学3年生や高校生の3年間ではさらに頻繁に出てくる問題形式になります。高校生になっても証明問題を特に苦手としている子供はたくさんいます。

中学3年生

中学3年生でつまづきやすい単元は「図形問題」です。(ごめんなさい、単元ではないかもしれません…)

中学3年生では「三平方の定理」や「図形の相似」や「円」など図形について複数の単元を習います。

そしてテストや高校入試では、これらの単元を組み合わせた図形の辺の長さ、相似比、角度などを求める応用問題が数多く出題されます

1つ1つの単元をしかっりと理解できていないと対応できないことが多く、中学3年生になってから数学に苦手意識を感じ始める子供も少なくありません。

結論:数学の苦手を克服する方法とは

始めに前提として厳しいことを言いますが、数学が苦手になっている皆さんの数学能力は周りの友達に比べて劣っています。そのため周りに追いつくまでは、周り以上の努力と行動をする必要があることはご理解ください。

結論から言いますと

  • 基礎を重点的に勉強する
  • 演習量を増やす
  • 数学の勉強に復習を取り入れる

この中で最も重要なのは演習量を増やすことです。
※演習量を増やすための教材も関連リンクで提供します。

数学の勉強法:3つの手順

基礎を重点的に勉強する

数学のすべての問題は、いくつかの基礎の内容を組み合わせることによって作られているということを聞いたことがありませんか?

それは本当のことです

数学が苦手な生徒の特長として2つのパターンが多いです

  • 基本がおろそかになっているにも関わらず、応用・発展問題に手を出して全く分からないと嘆いている
  • 応用、発展問題の答えを見て解き方を覚えることで、できるようになったと勘違いしている。1つ1つの問題の解き方を全て暗記する必要があるので大変

どちらのパターンも基本問題を丁寧に理解していくことで改善していくことが出来ます

基礎を定着させるとは具体的に次のことを意味しています。

1.数学の公式の暗記
2.その公式の使い方の理解
3.どのような問題でその公式を使うのかを把握する

基本問題を演習する際には、今紹介した「基礎を定着させる方法」を意識しておいてください。

演習量を増やす

演習量を増やすことによる利点はいくつかあります。

例えば、問題を解き慣れることが出来るので、演習を積んだ数学の単元に対する苦手意識を取り除くことが出来ます

精神的な話ですが、苦手意識を持っているかどうかで、テストで発揮することが出来るパフォーマンスは大きく違ってくるので、苦手意識を取り除く対策は必須です。

さらに、演習量を増やすことで問題に対する瞬発力を高めることが出来ます。分かりにくい言い回しですみません。

具体的には、問題を読んでからどうやって解いていくのかを脳内で考えて決定するまでが早くなるということです。

加えて、当然のことながら数学の演習量を増やすことで、計算スピード計算の正確性は飛躍的に伸ばすことができます

このように、問題の演習量を増やすことで総合的な能力が高まり、問題を解くスピードが格段に速くなり、小さなミスも減らすことができるので、テストでの時間切れということがなくなり、ケアレスミスが劇的に少なくなります。

結果的にテストの点数アップに直結します

中学生と高校生の数学の問題はこちら

「数学が苦手」な生徒のためのオンライン数学塾

無料で使えるプリント600種類以上!授業動画300本以上がご覧になれます。

中学数学と高校数学の多くの分野の問題プリント+答えがあるので、順番に問題を解いていくことで、自分がどこが苦手なのか把握することにも使えるので、大いに役立てて下さいね。

数学の勉強に復習を取り入れる

上の項目で「演習量を増やす」ことを提案しましたが、黙々と問題を解き続けるだけでは数学の苦手を克服することはできません。なぜなら、人間は1度では数学の公式や問題の解き方を覚えておくことが出来ないからです

記憶について有名な事実として、エビングハウスの忘却曲線があります。


これによると、3回は復習をしないと忘れにくい記憶「長期記憶」にはならないということです。

ここでは間違えた問題をどのようにできるようにするのかを解説します。

具体的な復習のサイクル

・問題を解く→採点をして、できた問題とできなかった問題を分ける。
・解いた問題のうち1回目に正解できなかった問題を3日以内に復習する
・復習した問題を、再度1週間・2週間後に確認する。

1問の間違えた問題について復習やりすぎのように感じるかもしれません。
しかし、このくらいやらなければ1か月後には、さらには受験期に大事な内容を覚えておくことはできないでしょう

復習を楽にするテクニックとしては、3日以内の一回目の復習はしっかり答案を書くけれど、2回目・3回目は復習する問題の問題文を見て、どうやって解くのか・どの公式を使って解くのかを口で説明できればOKというやり方がおすすめです。

書いて復習するのは時間がかかるので、復習の効率を上げるためにこの方法を実行してみてください

※【全てを一発で解決する方法】

ここまで「基礎を重点的に勉強する」、「演習量を増やす」、「復習を取り入れる」という3つの勉強の方法を解説しましたが、下のような悩みが出てきた人もいるのではないでしょうか?

・どこの分野の問題演習をすればいいのか分からない
・復習のサイクルを自分で管理するのは無理
・基礎部分でも自分では理解できないことが多い

このような悩みを全てを解決し、数学の苦手を克服する方法があります!

※数学専門塾という近道
ここまで紹介してきた数学の勉強法を、数学が苦手な中学生・高校生が自分自身で実行することは難しいですよね。さらに勉強のスケジュール管理もしないといけないとなると、お子さまが一人でやるのには限界を感じます。

数学専門塾「数強塾」はオンライン数学克服塾で、無料体験があります。
↓↓数学専門塾・数強塾「オンライン家庭教師」の無料体験はこちら



これを使って、数学の勉強法やスケジュール管理について教えてもらうのもありですね。
体験授業の申し込みが混雑する時期は、一時的に体験授業が3000円程度の有料になることがあるので、体験授業が無料のうちに一度授業を受けてみることをお勧めします

まとめ

  • 数学の苦手を克服するためには3つのことをする必要がある。
  • 3つのこととは「基礎を重点的に勉強する」、「演習量を増やす」、「数学の勉強に復習を取り入れる」
  • 近道として数学専門塾も検討してみてください。

中学生、高校生ともに数学は主要科目ですよね。すべての県の高校入試の科目と、ほとんどの大学の入学試験の科目に数学があるので、数学が苦手ということは、お子さまの足を大きく引っ張ってしまう要素になります。そのような状況から、少しでも早く脱却するために、この記事で紹介した数学の苦手を克服する方法を試してみてください。数学が苦手という状況を変えるキッカケにはなるはずです。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です